広島メンズエステ・脱毛「パルファム.」ブログ

広島でいち早くメンズエステをスタートして2016年で9年目。
お顔のお手入れから、人気の脱毛、ヘッドスパ。リラクゼーションも美容も、パルファム.にお任せを

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 10/31 ここでもやるか!? | TOP | 11/2 脳が活性化するには >>

2012.11.01 Thursday

11/1 東京レポート引き続き

0

    先日の東京出張。

    トレーニングだけでなく、本業のエステのほうも体験してまいりました。

    こちらをされている先生はサロン開業36年。全国で講習会もされている方です。
    私も広島で一度見させていただきました。

    たまたま東京の友人のお友達がそのサロンに勤めていると言う事で、予約を取ってもらい行って来ました。

    綺麗にされている店内ではありましたが、ザ・エステといった内装で
    (って言っても分からないですよね)

    そもそも昔からベッドが数台あるサロンというのは、個室にはなっておらず、カーテンでさえも仕切られていない場合も多いです
    フェイシャルしかしていない場合は特に仕切りは不要なのでしょうが、エステティックサロン。とはそういうイメージです。

    白を基調とし清潔感もあり、女性の落ち着ける雰囲気なのかもしれません。

    ですが、やっぱり落ち着けない。
    私が寝たベッドはフェイシャルベッド(とても細くて小さなフェイシャルケア専用ベッド)

    当たり前。それでいいのですが、人が一人通れるかどうか位隣は側に。カーテンはありましたが、お隣の話し声はガンガン聞こえるし

    カーテンはあれど半開きで施術をされている方もあちらには見え、エステティシャンは、大また開きでフェイシャルをしていました。
    (ベッドに近づくので、大また開きにせざる得ないのは分かりますが、見えてますって・・・

    施術中にも洗濯機の回る音。帰りに更衣室に向かう途中にも、半開きのカーテンからは2層式の洗濯機が見えており、

    せっかく気持ちよくさせていただいたのに、なんだか実験室か、研究所でされたような気持ちにさえなるというか・・・

    いわゆる、リラクゼーションサロン。と言った高級ホテル内にあるスパでは無いので、そういった雰囲気は提供しておりません。

    と言われればそうなのかもしれません。

    でも、これは前回のスポーツジムでも感じた事ですが、ただ運動教えてもらう。だけじゃなく、その空間に居る事のモチベーションUPだったり、先生方がお手本である存在だったりが必要だとやっぱり思う。

    元々友人からは、そこは期待せずに行くようにとは言われていたのですけどね。

    施術スタッフも親切にやってくれました。技術も高かったです。
    でも、最初のカウンセリングから、帰る時まで彼女の素顔は見えなかった。

    ずっとマスクをしていたのです。

    施術中は分かるけど・・・。


    東京は土地も狭く、高価。
    狭い敷地で効率良くやるには。そうなるのかもしれない。

    でもパルファム.は広島だしね、
    男性も多く来られるから、ベッドも出来るだけ大きいものを用意してます。
    完全にリラックスしてもらいたいから個室にしてる。

    ただ、リラクゼーションしてもらうだけでなく、一人ひとりに合った結果の出る施術をする。

    そこもこだわってるつもり。

    私達のお客様とのおしゃべりはうるさいときもあるかもですが(^−^;

    東京じゃないから出来ることもある。

    安価だけどよりリラックス頂ける空間を。そしてその空間に劣らない私達スタッフをこれからも提供させていただかないとね!

    とますます感じて帰って来たのであります(^-^)


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top