広島メンズエステ・脱毛「パルファム.」ブログ

広島でいち早くメンズエステをスタートして2016年で9年目。
お顔のお手入れから、人気の脱毛、ヘッドスパ。リラクゼーションも美容も、パルファム.にお任せを

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 2/13 ついにこの日が・・・ | TOP | 2/16 出過ぎるんですけど・・・ >>

2012.02.15 Wednesday

2/16 男性も注意!乾燥がもたらす悲劇とは!?

0
    今日はちょっと温かいし、天気も悪いので少し湿度は高いようにも感じますが、

    冬の季節は「乾燥」しまくり

    乗り物での移動が多い、室内での仕事をされてる方にとって、「乾燥」は仕方が無いところでもありますが

    乾燥って、老化や体臭の原因にもなってるんですよ〜〜〜〜男性諸君・・・。

    女性は乾燥を気にして様々な事をしているのですが
    (正しいケアかどうかはさておき)

    男性は自分自身が乾燥しているのかどうかさえ気づいて無い人も多い。

    男性って、肌に何かつけたりする習慣も無いので、肌が「しっとり」している。という状態がどんな感じか分かって無い方も多く、

    ベタベタするのと勘違いしてる場合もある。

    さらっとしているのを好むので、それは乾燥している場合も多いのだけど、顔が強張るくらい、キュッキュって音がしそうなくらい洗顔したら、汚れが落ちてすっきりしたと思っている方も多い。

    さて、そんな乾燥も放っておくと

    ・しわ
    ・たるみ
    ・くすみ
    ・毛穴汚れ

    しまいにゃ

    ・体臭

    まで悪化・・・。

    気になるからもっと洗う!
    →さらに悪化・・・

    という悪循環に

    顔も体もそうですが、肌に触れたとき水分で「しっとり」した感じが○
    脂で「ぎっとり」とは種類が違うのでご注意を。

    さぁ、まるで砂漠のように水分や油分を取り去ったお肌はどうなるかといいますと

    肌は慌てて油分を染み出します。

    要は保護膜を作り出すわけです。
    そうしないと、肌を様々な外的刺激から守れないから。

    だから、しっかり洗顔してるのに、おでこや、鼻はギラギラと脂でテカるのです。

    「洗いすぎ!!」です。

    以前シャンプーでも紹介しましたが、脂を取りすぎてるんです。

    正直、そんな乾燥肌に朝晩の泡洗顔は不要!

    ましてや、いわゆる男性専用洗顔料なんかは、脂汚れをがっつり取る強い成分が入っています。
    シャンプー同様お勧めできない製品が巷には多い。

    今回はそれはさておき、

    〔1日の汚れを洗顔でしっかり落とす
    もちろん、必ず泡立てネットを使って、きめの細かい固い泡を作って下さいね。
    そうでないと、毛穴の中の汚れが取れず、表面の水分や脂だけを取ってしまうだけになる。

    化粧水で保湿
    取り去った水分を補給します。ただぺしゃぺしゃ塗るのではなく、押さえ込むようにして

    L分でふた
    クリームや乳液、美容液などで保護膜を作る

    最低限この3工程はして欲しいですよね。

    女性なんかは、後何工程あるか、考えるだけでも嫌になりそうですが

    そして、朝は「ぬるま湯」洗顔。

    化粧水、乳液です。

    脂ギトギトで気持ち悪い。というんじゃ無ければ朝の洗顔料は不要!

    それよりも、保湿のほうが重要です。


    たまに、乾燥して粉吹いてる人見ますが、そういう人は唇もカサカサだったりしますね。

    毛穴汚れが取れていないから、その汚れが長時間かけて酸化し臭いを発生させる場合もあるのです。

    本当の洗顔で毛穴汚れをしっかり落とす。落とした後は水分油分をしっかり補う

    この最低限の工程を間違わなければ、この冬の乾燥もへっちゃら!

    年々老けていくおっさんにならないように、注意しましょうね!!

    ギトギトも、カサカサもだめ!!


    どんな化粧品や洗顔料を使ったらいいのか分からない〜。という方はお気軽にパルファム.でお問い合わせくださいね(^-^)




    ↓↓↓ブログランキングに参加中!あなたの温かい「クリック」をお願いします〜


    人気ブログランキングへ 

    広島ブログ

    パルファム


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top